【過去問解説(財務・会計)】H29第18問 企業価値(理論株価の計算)

前回は財務・会計から企業価値のWACCの計算についてですが、今回は理論株価の計算についてです。

今回の問題も式さえ覚えていれば解ける問題なので、このような簡単な問題は絶対回答できるようになっておきましょう。

 

H29 財務・会計 第18問

当社の前期末の 株当たり配当金は120円であり、今後毎年2%の定率成長が期待されている。資本コストを6%とすると、この株式の理論価格として、最も適切なものはどれか。
ア 2,400 円
イ 3,000 円
ウ 3,060 円
エ 3,180 円

 

この問題は単純に理論株価を求めるための式に数字を当てはめれば解ける問題です。

問題文中に「定率成長が期待されている」とありますので、定率成長モデルを使います。

定率成長モデルの式は、

 

 

定率成長モデルの式を使って理論株価を求める際は、分子の配当は1年後の値を使うことに注意が必要です。

なので、

理論株価=120×1.02÷(0.06-0.02)=3060

より、正解はウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ