【過去問解説(財務・会計)】H29 第3問 資本金に関連するルール

今回は、財務・会計から、平成29年の第3問の問題について解説します。

 

H29 財務・会計 第3問

次の資料に基づき、会社法の規定に基づく剰余金の分配可能額として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、のれん、繰延資産および自己株式の金額はゼロである。
【資料】
 貸借対照表の一部 (単位:千円)
純資産の部
 資本金         500,000
 資本準備金        40,000
 その他資本剰余金   20,000
 利益準備金      110,000
 任意積立金        50,000
 繰越利益剰余金     180,000
                     900,000
[解答群]
ア 180,000千円
イ 230,000千円
ウ 250,000千円
エ 340,000千円

資本金に関するルールを知っているかどうかが問われています。

分配可能額は、まとめシートにも掲載しましたが、以下の式で表せます。

分配可能額=
その他資本剰余金+その他利益剰余金-自己株式

資料を見ると、「任意積立金」「繰越利益剰余金」という項目がありますが、これはその他利益剰余金のこととなります。
これに基づくと、

分配可能額=
20,000+50,000+180,000=250,000

となりますので、正解は選択肢ウの250,000千円となります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ