【過去問解説(財務・会計)】H24 第14問 正味運転資本

今日は財務会計のH24第14問の正味運転資本の問題について解説します。

 

H24 財務・会計 第14問
次のデータに基づいて前期から当期の1年間における正味運転資本の増減額を計算した場合、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]
ア 30百万円の減少
イ 20百万円の減少
ウ 6百万円の増加
エ 16百万円の増加

解説

正味運転資本の求め方が問われています。

正味運転資本とは、1年以内に現金として利用可能な額がどれだけあるかを表すもので、
正味運転資本=流動資産-流動負債
で求められましたね。

これを踏まえて、正味運転資本を計算してみましょう。
前期の正味運転資本は、
(32+20+30)-(5+10+50)=17
当期の正味運転資本は
(5+30+40)-(20+8+60)=-13

となるため、増減分としては、
-13-17=30
より、30百万円の減少となります。

以上から、正解は選択肢アです。

 

 

2020年度版まとめシート(前編)好評発売中!

ご購入はこちら

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ