【過去問解説(財務・会計)】H26 第13問 FCF

今日は財務会計のH26第13問のFCFに関する問題について解説します。

 

H26 財務・会計 第13問
以下のデータに基づいて、A 社のフリー・キャッシュフローを計算した場合、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【A 社のデータ】
営業利益 200百万円
減価償却費 20百万円
売上債権の増加額 10百万円
棚卸資産の増加額 15百万円
仕入債務の減少額 5百万円
当期の設備投資額 40百万円
法人税率 40%
[解答群]
ア 70 百万円
イ 80 百万円
ウ 120 百万円
エ 130 百万円

 

今回はフリー・キャッシュフロー(FCF)を計算する問題です。

それでは早速計算していきましょう。

 

FCFを求める式は、まとめシートでもご紹介した通り、

 

FCF=(1-税率)営業利益+減価償却費-運転資本の増加額-投資額

 

でしたね。

 

それを踏まえて計算をしていきましょう。
単位を百万円として、与えられた条件から、
税率:0.4
営業利益:200
減価償却費:20
投資額:40
ということがわかります。
運転資本の増加額を計算すると、
運転資本の増加額=10+15-(-5)=30
となります。

以上をFCFの式に代入すると、

FCF=(1-0.4)×200+20-30-40=70

となり、正解は選択肢アの70百万円となります。

 

 

2020年度版まとめシート(前編、後編)
Amazonにて好評発売中!

前編

後編

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ