【過去問解説(財務・会計)】H26 第9問 経営分析

今日は財務会計のH26第9問の経営分析の問題について解説します。

H26 財務・会計 第9問
以下の資料に基づき、X1年度とX2年度の経営状態の変化を表す記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
【資料】

a X1年度と比較してX2年度は自己資本純利益率が下落した。
b X1年度と比較してX2年度は自己資本純利益率が上昇した。
c X1年度と比較してX2年度は総資本純利益率は下落した。
d X1年度と比較してX2年度は総資本純利益率は上昇した。
[解答群]
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

自己資本純利益率と総資本純利益率について、X1年度とX2年度を比較する問題です。

それでは早速計算していきましょう。

自己資本純利益率は
純利益/自己資本
で、
総資本純利益率は
純利益/総資本

で表すことができます。
しかし、資料を見ると純利益、自己資本、総資本の値は与えられておらず、売上高純利益率、自己資本比率、総資本回転率の3つが与えられているのみです。

ここで、売上高純利益率、自己資本比率、総資本回転率はそれぞれどうやって求めるか確認すると、

売上高純利益率は、

純利益/売上高

自己資本比率は、

自己資本/総資本

総資本回転率は、

売上高/総資本

で求められます。

これを見ると純利益、自己資本、総資本3つの要素が入っていますので、株価の計算でよくあるような値の組み合わせで求められることがわかります。

自己資本純利益率は
純利益/自己資本
ですので、

売上高純利益率×総資本回転率÷総資本回転率

純利益/売上高×売上高/総資本×総資本/自己資本

として求められます。

これを計算すると

X1年度
0.05×2.0/0.5=0.2

→X2年度
0.04×2.2/0.4=0.22

より自己資本純利益率は上昇しているということがわかります。

総資本純利益率は

純利益/総資本
ですので、

売上高純利益率×総資本回転率

純利益/売上高×売上高/総資本

として求められます。

これを計算すると

X1年度
0.05×2.0=0.1

→X2年度
0.04×2.2=0.088

より総資本純利益率は下落しているということがわかります。

以上から、bとcの組み合わせとなり、正解は選択肢ウとなります。

 

2020年度版まとめシート(前編、後編)
Amazonにて好評発売中!

前編

後編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ