【過去問解説(財務・会計)】H29 第2問 経過勘定

今日は、財務・会計のH29 第2問について解説します。

財務・会計 H29 第2問

20X2年1月1日に300,000千円を期間6カ月、年利5%で取引先Z社に貸し付けた。20X2年6月30日に利息と元金を合わせて受け取る予定である。会計期間は 20X2年3月31 日までの1年間である。決算にあたり計上される未収利息の金額として、最も適切なものはどれか。

ア 3,750 千円
イ 7,500 千円
ウ 15,000 千円
エ 30,000 千円

解説

経過勘定に関する問題です。
前払や未収などの経過勘定について、まとめシートでは以下の通り解説しています。

 

それでは計算していきましょう。
今回求めるものは、決算にあたり計上される未収利息の金額です。

①まず、問題文を見て時系列を整理します。

②利息の返済は6/30まで行われません。
よって、決算日である3/31には1/1~3/31には、本来受け取る予定である3ヶ月分の「未収利息」を計上する必要があります。

③返済利息全体は、300,000(千円)×5%×0.5(年)=7,500(千円)です。

④3/31に未収利息として計上する分は、7,500(千円)×3/6(ヶ月)=3,750(千円)です。

以上から、正解は選択肢アとなります。

ちなみに、本問は計算自体は全く難しくないのですが、予備校発表の正答率は60%未満でした。
経過勘定は上の表のように時系列さえ整理すれば、あとは簡単な計算で解けます。
落ち着いて与えられた条件を整理するようにしていきましょう。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ