【過去問解説(財務・会計)】H29 第8問 原価計算

今日は財務・会計のH29第8問について解説します。

H29 財務・会計 第8問

単純総合原価計算を採用しているA工場の以下の資料に基づき、平均法により計算された月末仕掛品原価として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、材料は工程の始点ですべて投入されている。

[解答群]
ア 500千円
イ 680千円
ウ 700千円
エ 800千円

解説

総合原価計算に関する問題です。
それでは早速問題を解いていきましょう。

この問題では、平均法によって計算された月末仕掛品の原価が問われています。

当月の原価として直接材料費と加工費の月初仕掛品と当月投入分の値が示されているため、それぞれについて月末仕掛品原価を求め、合計すれば月末仕掛品原価を求めることができます。

平均法なので、当月完成品と月末仕掛品の個数の合計で計算していきます。

まず、直接材料費について考えます。
直接材料費は「(1)当月の生産量」より

数量 600個+400個=1,000個
原価 200千円+1,000千円=1,200千円
単価 1.2千円/個

月末仕掛品の数量は400個なので、直接材料費は
400個×1.2千円/個=480千円
となります。

次に、加工費について考えます。
加工費は「(1)当月の生産量」より

数量 600個+200個=800個
原価 100千円+700千円=800千円
単価 1千円/個

月末仕掛品の数量は200個(400個×進捗度50%)なので、加工費は
200個×1千円/個=200千円
となります。

以上から、月末仕掛品単価は
480千円+200千円=680千円 となります。

以上から、正解は選択肢イです。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

2件のフィードバック

  1. 数量 600個+200個=800個
    これの意味するところは、当月完成品の600個+月末仕掛個数✖️1/2でしょうか?

  2. 仰る通り、200個とは、月末仕掛個数400個に進捗率50%かけた値です。
    確かに説明が不十分な点がありましたので、説明を補足させていただきました。
    ご指摘ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ