【過去問解説(財務・会計)】R1 第19問 株価の指標

今日は財務会計のR1第19問について解説します。

 

R1 財務・会計 第19問
自己資本利益率(ROE)は、次のように分解される。

この式に関する記述として、最も適切なものはどれか。

この問題は、式を見てその意味がわかるかどうかが問われています。

どれでは早速各選択肢を見ていきましょう。
選択肢アのWACCは、以下の式で求められました。

この式を見ても、1株当たり利益/株価とは異なるものですので、この選択肢は×です。

 

選択肢イはその通りで、株価/1株当たり自己資本簿価が小さくなっても、1株当たり利益/株価が大きくなればROEは大きくなるので○です。

念のため残りの選択肢も見ていきましょう。

選択肢ウのPERは株価/1株当たり当期純利益で、株価/1株当たり自己資本簿価はPBRを求める式ですので×です。

選択肢エについては、ROEが1株当たり利益/株価を上回るためには、株価/1株当たり自己資本簿価が1よりも大きくなる必要があります。
ですので、「株価は1株当たり自己資本簿価より小さくなる」という記述は×です。

以上から、正解は選択肢イです。

 

 

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ