【過去問解説(財務・会計)】R1 第21問 WACC

今日は財務会計のR1第21問のWACCの問題について解説します。

 

R1 財務・会計 第21問
負債と純資産の構成が2:1の企業がある。この企業の税引前負債資本コストが3%(税率は30%)、株主資本コストが12%であるときの加重平均資本コストとして、最も適切なものはどれか。
ア 3.8 %
イ 5.4 %
ウ 7.5 %
エ 9.0 %

 

加重平均資本コスト、つまり、WACCを求める問題です。

何のひねりもない、公式そのままの問題ですので、絶対取りたい問題です。

WACCの式はまとめシートにも掲載していますが、以下のように表すことができます。

これを踏まえてWACCを求めると、

WACC={1×12+2×(1-0.3)×3}÷(1+2)

    =(12+4.2)/3

    =5.4

以上から、正解は選択肢イの5.4%となります。

 

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ