【過去問解説(財務・会計)】R2 第15問 オプション

今日は財務・会計のR2第15問について解説します。

R2 財務・会計 第15問

オプションに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 「10,000円で買う権利」を500円で売ったとする。この原資産の価格が8,000円になって買い手が権利を放棄すれば、売り手は8,000円の利益となる。
イ 「オプションの買い」は、権利を行使しないことができるため、損失が生じる場合、その損失は最初に支払った購入代金(プレミアム)に限定される。
ウ オプションにはプットとコールの2種類あるので、オプション売買のポジションもプットの売りとコールの買いの2種類ある。
エ オプションの代表的なものに先物がある。

解説

オプションに関する知識問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アについて、「10,000円で買う権利」というオプションを売って、買い手が権利を放棄しても、売り手の利益はプレミアムの500円です。よってこの選択肢は×です。

選択肢イはその通りで、オプションの買いは権利を行使しないこともできます。

念のため残りの選択肢も見ていきましょう。

選択肢ウは、よく読まないとややこしいかもしれませんが、オプション売買のポジションは「プットの売りとコールの買い」ではなく、「プットの売りとプットの買い」もしくは「コールの売りとコールの買い」です。よってこの選択肢は×です。

選択肢エは、先物取引の一部にオプション取引が含まれるため、この選択肢は×です。

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで
Kindle版/PDF版 好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ