【過去問解説(財務・会計)】R3 第13問 資金管理

今日は、財務・会計のR3 第13問について解説します。

財務・会計 R3 第13問

9月中に予定される取引に関する以下の資料に基づき、最低限必要な借入額として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、当月中現金残高が300,000 円を下回らないようにするものとする。

【資 料】
9 月 1 日  月初の現金有高は400,000円である。
6 日  売掛金300,000円を現金で回収する。
12 日   備品1,200,000円を購入し、代金のうち半額は現金で支払い、残額は翌月15日に支払う。
21 日   商品を1,400,000円で販売する。代金は掛けとし、回収は翌月20日とする。
25 日  給料その他の費用500,000円を現金で支払う。

〔解答群〕
ア  200,000 円
イ  400,000 円
ウ  700,000 円
エ 1,300,000 円

解説

運転資金の管理に関する問題です。
一見ややこしそうに見えますが、実際に解いてみると計算自体はシンプルなので仕訳を間違えないようにだけ注意しましょう。

それでは選択肢をみていきましょう。

流れとしては、
①月初の現金有高帳残高の確認
②各仕訳を行う
③月中の現金有高帳で300,000円を下回った場合に差額を借入で補填する
④借入金の総額を求める

①月初の現金有高帳残高の確認
月初の現金有高は400,000円です。

②各仕訳を行う、③月中の現金有高帳で300,000円を下回った場合に差額を借入で補填する

借入による補填は2度行います。
(1)12日の時点で残高が100,000円となるため、差額200,000円の補填
(2)25日の給与支払いで-200,000となるため、差額500,000円の補填

④ 借入金の総額を求める
(1)+(2)=700,000円

以上から、正解は選択肢ウとなります。

ポイントは、「当月中現金残高が300,000 円を下回らないように」との条件があるので、月末残高でまとめて計算するのではなく、取引ごとに残高を確認することです。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ