【過去問解説(財務・会計)】R3 第17問 MM理論

今日は、財務・会計のR3 第17問について解説します。

R3 財務・会計 第17問

モジリアーニとミラーの理論(MM 理論)に基づく資本構成に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 自己資本による資金調達はコストが生じないので、負債比率が低下するほど企業価値は増加する。
イ 倒産リスクの高低は、最適資本構成に影響する。
ウ 負債比率が非常に高くなると、自己資本コストは上昇するが、負債コストは影響を受けない。
エ 法人税が存在する場合、負債比率の水準は企業価値に影響しない。

解説

MM理論に関する問題です。
少しとっつきにくい論点ですが、まとめシートでは以下の通りわかりやすくまとめています。

それでは選択肢をみていきましょう。

選択肢ア:MM修正命題より、負債比率が高まると企業価値は向上します。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イ:その通りです。MM修正命題によると、負債比率が高まると節税効果により企業価値が向上する、とあります。つまり最適資本構成は倒産リスクに影響を与えます。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢ウ:MM修正命題を参考に、負債比率が高まると、負債コストが上昇するので、結果的に節税効果が増して企業価値が向上します。
よって、この選択肢は×です。

選択肢エ:MM修正命題より、負債比率が高まると企業価値は向上します。
よって、この選択肢は×です。

以上から、正解は選択肢イとなります。

本問は、いきなり正解のイに辿り着くのは難しそうですが、消去法でア、ウ、エを潰していくというアプローチで正解できれば良いかと思います。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ