【過去問解説(運営管理)】H25 第37問 需要予測

今回の過去問解説はH25年第37問の需要予測の問題についてです。

 

H25 運営管理 第37問
在庫型物流センターにおいては、在庫を過剰に増やさず、品切れを起こさないために、適正な在庫補充をする必要がある。補充量を決める際には、将来の需要を予測する必要があるが、需要予測に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
ア 移動平均法とは過去1週間などの短い期間の需要データを用いて需要を予測する手法である。
イ 季節商品の需要を予測する場合、前年同時期の需要データを参考にすることができる。
ウ 需要予測の精度を高めるには、需要データを日常的に収集することが必要である。
エ 販売促進の影響は、販売促進をする商品の需要だけでなく同じ品目の商品全体の需要とも関連するため、把握することが難しい。

解説

今回は最も不適切な選択肢が問われている問題です。
それでは各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、日次の平均を取る場合は確かに1週間のこともあるかもしれませんが、基本的には目的に応じて週次であったり、月次であったり、年次であったり、任意の期間の需要データを使って需要を予測する方法ですので×です。

選択肢イ、ウ、エは、その通りで特に変なことは書いていません。

そのため、正解は選択肢アとなります。

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ