【過去問解説(運営管理)】H26 第14問 工程分析

今回の過去問解説はH26年第14問の工程分析についての問題です。

 

H26 運営管理 第14問
工程分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 工程図記号における基本図記号は、4つの要素工程(加工、運搬、停滞、検査)を示すために用いられる。
イ 工程分析における工程図は、生産対象物に変化を与える要素工程のレイアウトを示すために用いられる。
ウ 作業者と製品の流れを同時に分析するために、作業者工程分析を用いる。
エ 要素工程の複数の機能または状態を示すために、基本図記号を並べて用いる。

 

それではそれぞれの選択肢を見ていましょう。

選択肢アは、特に問題なさそうですが、念のため以降の選択肢も見てみます。

 

選択肢イの工程図には、生産対象物に変化を与える要素工程である加工、運搬だけでなく、変化を与えない要素工程である停滞、検査も含まれているため×です。

 

選択肢ウは、「作業者と製品の流れを同時に分析するために」作業者工程分析を用いるとありますが、作業者工程分析はあくまでも作業者だけで、製品の流れを同時に分析するものではないので×です。

選択肢エは、複数の状態や機能を表すには、基本図記号を並べるのではなく複合図記号を使います。ですのでこの選択肢は×です。

以上から、正解は選択肢アとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

 

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ