【過去問解説(運営管理)】H27 第14問 日程計画/進捗管理

今回の過去問解説はH27年第14問についてです。

 

H27 運営管理 第14問
工場では、ある製品を一定の速度でロット生産している。工場で完成された製品は、ロットの生産途中でも販売店に配送できる。工場から販売店への輸送リードタイムは0とする。販売店には一定速度で需要が到着している。下図は、販売店が一定量を定期的に発注している場合の、工場での累積生産量、工場在庫量、工場から販売店への累積配送量、販売店在庫量の時間推移を示している。
このうち、工場在庫量、累積配送量、販売店在庫量の3つの量の推移を示す線の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


[解答群]
ア 工場在庫量:① 累積配送量:② 販売店在庫量:④
イ 工場在庫量:① 累積配送量:④ 販売店在庫量:②
ウ 工場在庫量:② 累積配送量:③ 販売店在庫量:④
エ 工場在庫量:② 累積配送量:④ 販売店在庫量:③

 

この問題はグラフの読み取り問題です。

工場在庫量、累積配送量、販売店在庫量のグラフを選ぶ問題です。

この中で、累積配送量は「累積」ですので、時刻の経過に伴って増えることがあっても減ることはありません。
そのため、時刻が経過したときに数量が減る②、④のグラフは累積配送量ではありません。

選択肢を見ると、選択肢ア、イ、エは②または④ですので×です。
その結果、残ったのは選択肢ウだけですので、正解は選択肢ウです。

ちなみに、累積配送量は、配送する際、ある程度まとまった量ごとに運ぶため階段状に増加している③です。
また、工場在庫量は時刻の経過に伴って増加するのに対し、販売店在庫量は時刻の経過に伴って減少します。
時刻の経過に伴って減少するのは④のみですので、④が販売店在庫量です。
また、工場在庫量は工場から運び出すと量が減るため、時刻の経過に伴って量が減少する②が工場在庫量です。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ