【過去問解説(運営管理)】H27 第33問 インターネット販売

さて、今回の過去問解説はH27年第33問のインターネット販売の問題についてです。

 

H27 運営管理 第33問
インターネット通信販売に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
ア インターネットショッピングモールで販売する場合は、消費者が他店との価格比較を容易にできるため、他店との価格競争にさらされやすい。
イ 売れ筋の商品を中心に品揃えすることによって、いわゆるロングテールを形成することができる。
ウ 実店舗よりも商圏を広くすることができる。
エ 資本金が少ない企業でも、実店舗を持たずにウェブサイトを通じて商品を販売することができる。

 

今回は最も不適切な選択肢を選ぶ問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、その通りで、消費者はインターネットで比較して最も安いものを買いたがるため、価格競争が激しくなる傾向にあります。

選択肢イのロングテールは、売れ筋の商品ではなく、埋もれているニッチな商品によって形成されます。よってこの選択肢は×となります。

念のため残りの選択肢も確認すると、
選択肢ウもその通りで、インターネット販売では全国、場合によっては全世界が対象となります。

選択肢エもその通りで、インターネット上では、実店舗を持たなくても販売ができるため、資本金が少ない企業でも商品を販売することが可能です。

以上から正解は選択肢イとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ