【過去問解説(運営管理)】H27 第39問 販売情報流通システム

さて、今回の過去問解説はH27年第39問の販売流通情報システムについての問題についてです。

 

H27 運営管理 第39問
JANコード(標準タイプ13桁)GTIN-13 におけるチェックデジットに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 一番右の1桁がチェックデジットと呼ばれる。
イ 一番左の1桁がチェックデジットと呼ばれる。
ウ チェックデジット以外のすべての桁の数字をひとつの数字とみなして 乗した値の下1桁をチェックデジットの値とする。
エ チェックデジット以外のすべての桁の数値の積の下1桁をチェックデジットの値とする。
オ 左から7桁目の数字がチェックデジットと呼ばれる。

 

今回の問題はJANコード、つまり私たちが購入する様々な商品についているバーコードに関する問題です。バーコードの各桁がどのような役割を持つものか知っていれば一発でわかる問題です。

ちなみに、まとめシートにも掲載していますが、バーコード(JANコード 標準タイプ13桁)の各桁は、以下のような役割を持っています。


これを踏まえて各選択肢を見ると、正解は選択肢アの「一番右の1桁がチェックデジット」というのが正解であるということがわかります。

以上から正解は選択肢アとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ