【過去問解説(運営管理)】H28 第1問 生産計画

今回の過去問解説はH28年第1問についてです。

 

H28 運営管理 第1問
ある機械加工職場における生産リードタイムの短縮を目指した改善活動に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
ア 処理を開始してすべての処理を完了するまでの総所要時間を短くするために、ディスパッチングルールを変更した。
イ 流れ線図を作成し、「設備間の距離庵物流量の総和」を計算してレイアウトを変更した。
ウ 納期管理を徹底するために、PERT を使ってロットサイズを変更した。
エ マンマシンチャートを作成し、作業者の作業手順を変更した。

 

今回の問題は生産リードタイム短縮のための活動について広い範囲から出題されています。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、〇で、ディスパッチングルールとは、手待ちのジョブの中から次に優先すべきジョブを決めるルールのことです。

選択肢イもその通りで〇です。

選択肢ウのPERTは、複数の作業によって構成されるプロジェクトを効率よく実施できるようにすることを目的としたスケジューリング方法のことです。
PERTは効率的なスケジューリングには役立ちますが、ロットサイズの変更には使えないため×です。

選択肢エはその通りで〇です。

以上から正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ