【過去問解説(運営管理)】H30第6問 PERT

今回の過去問解説は第6問のPERTについてです。

PERTの問題は落ち着いて考えれば処理はできると思いますが、比較的時間がかかるため、まずは他のわかる問題を先に解いてから処理するなど、タイムマネジメント上は注意が必要です。

 

H30 運営管理 第6問

下表に示される作業A~Fで構成されるプロジェクトについて、PERTを用いて日程管理をすることに関する記述とし、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 


 

[解答群]

ア このプロジェクトのアローダイアグラムを作成するためには、ダミーが2本必要である。

イ このプロジェクトの所要日数は8日である。
ウ このプロジェクトの所要日数を1日縮めるためには、作業Fを1日短縮すればよい。
エ 作業Eを最も早く始められるのは6日後である。

 

この問題を解くためには、まずは実際にPERTの図を書くことが必要となります。

 

①まず、先行作業→作業に矢印を引き、それを並べて一覧にします。

 

②いきなりアローダイヤグラムにするのが難しいものは、一覧にしたもののつながりを整理して並べます。

 

③それを元にアローダイヤグラムを描きます。

 

さて、ここで書いたアローダイヤグラムと選択肢を比較してみましょう。

 

まず、選択肢アは、ダミーが1本なので×です。

 

選択肢イは、所要日数は9日なので×です。

 

選択肢ウは、Fはクリティカルパス上にないので×です。

 

選択肢エは、作業Eを最も早く始められるのは6日後なので○です。

 

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ