【過去問解説(運営管理)】H24 第22問 大店立地法

今日は運営管理のH24年第22問の問題について解説します。

H24 運営管理 第22問
大規模小売店舗立地法は、大規模小売店舗の設置者に対し、特に周辺地域の生活環境の保持のため、その施設の配置および運営方法について合理的な範囲で配慮を求めている。大規模小売店舗を設置する者が配慮すべき事項として、最も不適切なものはどれか。
ア 騒音の発生に係る事項への配慮
イ 地域商業の需給調整への配慮
ウ 駐車需要の充足等交通に係る事項への配慮
エ 廃棄物に係る事項等への配慮
オ 街並みづくり等への配慮

解説

大規模小売店舗立地法に関する問題です。

大規模店舗立地法は問題にもある通り、周辺環境の生活環境の保持が目的の法律です。

 

それを踏まえて各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、騒音が発生すると、周辺地域の生活環境が悪化するので○です。

 

選択肢イは、確かに大規模店舗が立地したら地域商業に影響はあるかもしれませんが、周辺地域の生活環境とは関連のないものと考えられます。

念のため残りの選択肢も見ていきましょう。

 

選択肢ウは、駐車場が足りないと、周辺に路上駐車するような人が現れるかもしれませんので、周辺地域の生活環境の悪化に繋がります。よってこの選択肢は○です。

 

選択肢エも、廃棄物がきちんと処理されないと周辺地域の生活環境の悪化に繋がりますので○です。

 

選択肢オの街並みづくりも周辺地域の生活環境に影響しますので○です。

 

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

 

2020年度版まとめシート(前編、後編)
Amazonにて好評発売中!

前編

後編

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ