【過去問解説(運営管理)】H24 第29問 店舗施設

今日は運営管理のH24年第29問の店舗施設の問題について解説します。

 

H24 運営管理 第29問
商品陳列方法とそのメリットに関する記述として、最も不適切なものはどれか。
ア カットケース陳列には、高級感を出しやすいというメリットがある。
イ ゴンドラ陳列には、フェイスをそろえやすいというメリットがある。
ウ ジャンブル陳列には、ディスプレイに手間がかからないというメリットがある。
エ ショーケース陳列には、商品が汚れにくいというメリットがある。
オ フック陳列には、陳列されている商品の在庫量が分かりやすいというメリットがある。

解説

商品陳列方法に関する問題です。

今回は最も不適切なものを選ぶ問題です

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アのカットケース陳列は、お菓子や飲料などによく使われる陳列方法で、商品が入っていた段ボールをカットしてそのまま陳列する陳列方法です。陳列の手間がかからず、お買い得感を出すことができますが、高級感は出しにくい方法です。

よってこの選択肢は×です。

 

今回は最も不適切なものを選ぶ問題でしたので、これで正解が確定できましたが、念のため残りの選択肢も見ていきましょう。

 

選択肢イのゴンドラとは、スーパーやコンビニでよく見かける陳列棚のことです。ゴンドラ陳列とはそのゴンドラに商品を陳列する方法で、棚の上に商品を並べるので、フェイスが揃えやすくなります。

 

選択肢ウのジャンブル陳列とは、スーパーなどでよく用いられる陳列方法で、特売品などをかごに山盛りにして陳列する陳列方法です。そのため、陳列の手間はあまりかかりません。

 

選択肢エのショーケース陳列とは、ケーキなどの型崩れが心配な商品や、アクセサリーなど高額な商品によく使われる陳列方法で、ガラスのショーケースの中に商品を陳列する方法です。お客はショーケースの中の物を自由に触ることはできませんので、商品が汚れにくいというメリットがあります。

 

選択肢オのフック陳列とは、歯ブラシやペンなどの小物に用いられる陳列方式で、商品をフックに引っかけて並べて陳列することで、商品を見やすくするとともに、在庫も把握しやすくしています。

 

以上から選択肢イ~オの記述は特に問題がないことが確認できました。

よって、正解は選択肢アです。

 

 

2020年度版まとめシート(前編)好評発売中!

ご購入はこちら

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ