【過去問解説(運営管理)】H26 第10問 プロジェクトスケジューリング(PERT)

今日は運営管理のH26第10問について解説します。

H26 運営管理 第10問

受注したプロジェクトを遂行するために必要な作業の先行関係と所要日数が以下の表に与えられている。1日の作業遅れがプロジェクトの所要日数に影響する作業の数を、下記の解答群から選べ。

〔解答群〕
ア 2個
イ 3個
ウ 4個
エ 5個

解説

プロジェクトスケジューリング(PERT)に関する問題です。設問は「1日の作業遅れがプロジェクトの所要日数に影響する作業の数」ですから、作業の先行関係と所要日数の表からPERT図を作成し、クリティカルパス上にある作業の数を求めていきます。

作成したPERT図を確認すると、クリティカルパス(プロジェクトの開始から終了までの経路のうち最長の経路であり、最早着手日と最遅着手日が等しくなる)は「A→C→F→G」のルートであることがわかります。したがってクリティカルパス上にある作業の数は4個となります。
以上から、正解は選択肢ウとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ