【過去問解説(運営管理)】H27 第34問 物流(保管)

今日は運営管理のH27第34問について解説します。

H27 運営管理 第34問

物流センター内のエリア管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  エリアごとに作業員を決める固定ロケーション管理は、人別の業務評価がしやすい。
イ  固定ロケーション管理は、在庫量を一定に保ちやすい。
ウ  フリーロケーション管理では、保管スペースの有効活用がしやすい。
エ  フリーロケーション管理は、固定ロケーション管理よりも人によるピッキング作業の効率がよい。
オ  ロケーション管理では、物流センター内の人員配置を適切にマネジメントすることが重要である。

解説

物流の分野より、保管とロケーションに関する問題です。
保管方法についてまとめシートでは以下の通り解説しております。

以上を踏まえて、選択肢を確認していきましょう。

選択肢ア:固定ロケーションは作業員を固定するのではなく、棚と商品を固定して対応させるものです。
よってこの選択肢は×です。

選択肢イ:固定ロケーションでは、特定の場所に商品が保管されているので在庫状況の確認はしやすくなりますが、一定に保たれるというわけではないので、一旦△にしてほかの選択肢を見てみましょう。

選択肢ウ:フリーロケーションの特徴は空間効率性の高さですので、その通りです。
よってこの選択肢は〇です。

選択肢エ:人による作業効率が良いのは、フリーロケーションではなくて固定ロケーションです。商品が固定の場所にあるので、作業員の探す手間が省けます。
よってこの選択肢は×です。

選択肢オ:ロケーション管理で重要となるのは、人員配置ではなく商品の配置です。
よってこの選択肢は×です。

一旦飛ばしていた選択肢イ、ですが、選択肢ウの方が明らかに〇ですので解答からは外します。

以上から、正解は選択肢ウとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート(前編)
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ