【過去問解説(運営管理)】H27 第36問 物流管理

今日は運営管理のH27第36問について解説します。

H27 運営管理 第36問

チェーン小売業の物流に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア DC(Distribution Center)では在庫を持たず、複数店舗へ納入する商品を一括
して納入業者から受け取り、店舗別に仕分けして出荷する。
イ カテゴリー納品は、カテゴリーごとに適切な配送スケジュールを組み、物流センターから店舗へ納品することをいう。
ウ 小売店舗への共同配送は、店舗の人時生産性向上につながる。
エ 専用物流センターを持つ小売業と納入業者の取引価格設定は、原則として物流センターまで届けることを前提に設定されている。
オ 多頻度小口配送は、車両積載効率を向上させコスト削減につながる。

解説

チェーン小売業の物流について問われています。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アの記述は、「在庫を持たず」とあり、DC(在庫型センター)ではなく、TC(通過型センター)について書かれたものと考えられます。よってこの選択肢は×です。

選択肢イのカテゴリー納品とは、商品を製造メーカーごとではなくカテゴリごとに納品する納品方法のことで、「カテゴリーごとに適切な配送スケジュールを組み、物流センターから店舗へ納品すること」という説明は適切ではありません。よってこの選択肢は×です。

選択肢ウはその通りで、共同配送を行うことで、店舗は複数の供給業者からまとめて商品を受け入れることができ、受け入れにかかる手間を減らすことができます。

選択肢エは、ちょっとマニアックなので知らなくても仕方がないですが、専用物流センターを持つ小売業と納入業者の取引価格設定は、原則として物流センターではなく、店舗まで届けることを前提に設計されています。

選択肢オの多頻度小口配送は、顧客が必要な時に必要な量の商品を配送することができますが、車載効率はむしろ悪くなります。よってこの選択肢は×です。

以上から、正解は選択肢ウとなります。

選択肢エは判断が難しかったかもしれませんが、他の選択肢については判断できたのではと思います。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2020年度版まとめシート(前編、後編)
Amazon&書店にて好評発売中!

前編

中小企業診断士一発合格まとめシート

後編

中小企業診断士一発合格まとめシート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ