【過去問解説(運営管理)】H29 第35問 物流関連用語

今日は運営管理のH29年第35問について解説します。

 

H29 運営管理 第35問
国内の輸送手段に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 鉄道輸送では、パレットを利用することができず、一貫パレチゼーションを阻害する。
イ 鉄道輸送は、常温での輸送であり、冷蔵・冷凍など温度管理が必要な荷物を輸送できない。
ウ トラック輸送からのモーダルシフトとは、貨物輸送を鉄道や内航海運などへ転換し、トラックと連携して複合一貫輸送を推進することである。
エ トラック輸送からのモーダルシフトは、単独荷主の貸切便で行われ、複数荷主の混載便では行われない

 

物流用語に関する問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アについては、鉄道輸送でもパレットは利用することができますので、この選択肢は×です。

 

選択肢イについては、鉄道輸送でも温度管理は可能ですので、この選択肢は×です。

 

選択肢ウはその通りで特に問題ありません。

 

選択肢エについては、貸切便だけでなく、混載便も可能ですので、この選択肢は×です。

 

以上から、正解は選択肢ウです。

 

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ