【過去問解説(情報)】R1 第17問 システム開発モデル

今日は情報システムのR1第17問について解説します。

R1 情報システム 第17問

システム開発の考え方やモデルは多様である。システム開発に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア DevOps とは、システムの開発とシステムの運用を同時並行的に行うシステム開発の考え方である。
イ ウォーターフォールモデルは、開発工程を上流工程から下流工程へと順次移行し、後戻りはシステムの完成後にのみ許される。
ウ スクラムは、開発チームの密接な連携を前提にする開発手法であるが、物理的に同じ場所で作業をすることは必ずしも必要ではない。
エ プロトタイピングモデルにおけるプロトタイプとは、システム要件を確認した後に廃棄する試作品のことである。

解説

システム開発モデルに関する問題です。
さっそく選択肢を見ていきましょう。

選択肢ア:DevOps とはDevelopment(開発)+Operation(運用)の意味であり、開発と運用の担当者が連携する開発手法のことですが、「同時並行的に」行うものではありません。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イ:ウォーターフォールモデルはシステム完成後であっても後戻りすることはありません。
よって、この選択肢は×です。

選択肢ウ:その通りです。開発チームの綿密な連携を必要としますが、作業者は必ずしも同じ場所で作業する必要はありません。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢エ:プロトタイプモデルは、試作品(プロトタイプ)を作ってユーザーに評価してもらいながら進める開発⼿法ですが、必ずしも試作品を破棄するわけではありません。
よって、この選択肢は×です。

以上から、正解は選択肢ウとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ