【過去問解説(運営管理)】R1 第6問 生産管理方式

今日は運営管理のR1第6問について解説します。

 

R1 運営管理 第6問
生産座席予約方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 外注に際して発注者が、外注先へ資材を支給する方式である。
イ 組立を対象としたラインや機械、工程、作業者へ、 1 つの組立品に必要な各種の部品を 1 セットとして、そのセット単位で部品をそろえて出庫および供給する方式である。
ウ 受注時に、製造設備の使用日程・資材の使用予定などにオーダーを割り付けて生産する方式である。
エ 製造命令書を発行するときに、その製品に関する全ての加工と組立の指示書を同時に準備し、同一の製造番号をそれぞれに付けて管理を行う方式である。

 

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。
今回は生産座席予約方式に関する問題です。
生産座席予約方式とは、営業が顧客から受注を受ける際に、飛行機の座席を予約するような形で、製造設備の予定をリアルタイムで押さえることができるシステムのことでしたね。
生産座席予約方式を使えば、営業と製造の間で受注情報が即座に共有できるため、営業は顧客に正確な納期を提示することが可能となり、製造は受注が入った段階ですぐに原料の調達などの準備を進めることができます。

これを踏まえて各選択肢を見ていくと、当てはまるのは選択肢ウです。

そのため、正解は選択肢ウとなります。

 

 

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ