【過去問解説(運営管理)】R1 第7問 材料・部品計画/現品管理

今日は運営管理のR1第7問の材料・部品計画/現品管理の問題について解説します。

 

R1 運営管理 第7問
下図は、最終製品Aの部品構成表であり、( )内は親1個に対して必要な部品の個数である。製品Aを2個生産するとき、必要部品数量に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕
ア 部品cは12個必要である。
イ 部品dは36個必要である。
ウ 部品eは64個必要である。
エ 部品fは60個必要である。

 

部品表に関する問題です。

これを解くためには、Aを2個作るときの部品a~fそれぞれの個数を求めます。

部品の数を計算すると下記のようになります。

本番の試験の際も、問題用紙にこのような形で書き込むとミスを減らすことができるでしょう。

この図から導き出せた各部品の数と選択肢を比較すると、正解は選択肢ウとなります。

 

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ