【過去問解説(運営管理)】R2 第1問 生産管理

今日は運営管理のR2第1問について解説します。

R2 運営管理 第1問

 管理目標に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 産出された品物の量に対する投入された主原材料の量の比によって、歩留まりを求めた。
イ 産出量に対する投入量の比によって、生産性を求めた。
ウ 単位時間に処理される仕事量を測る尺度として、リードタイムを用いた。
エ 動作可能な状態にある作業者が作業を停止している時間を、遊休時間として求めた。

解説

生産管理の管理目標に関する問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、歩留りとは「原材料などのインプットに対して、製品などのアウトプットがどのくらいの比率でできるか」ということを表すものであり、歩留り(%)=(産出された品物の量÷投入された原材料の量)×100、で求めることができます。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イは、生産性とは「投入量に対する産出量の比」によって求めることができます。
よって、この選択肢は×です。

選択肢ウは、リードタイムとは「発注から納入まで、もしくは素材が準備されてから完成品になるまでの時間」のことをいいます。
よって、この選択肢は×です。

選択肢エは、遊休時間とは「動作可能な状態にある作業者が作業を停止している時間」のことをいいます。
よって、この選択肢は〇です。

以上から正解は選択肢エとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ