【過去問解説(運営管理)】R2 第16問 サイクルタイムと生産量

今日は運営管理のR2第16問について解説します。

R2 運営管理 第16問

 ある製品の梱包工程の作業内容は下表に示すとおりである。
この工程を3 名の作業者で分担して作業を行う案として、単位時間当たりの生産量が最も多いものを下記の解答群から選べ。
ただし、各作業者間の移動・搬送の時間は無視でき、スペースの制約は考えない。

〔解答群〕
ア 作業者①がA・B・C・D、作業者②がE・F、作業者③がGを担当する。
イ 作業者①がA・B・C・Dを担当し、作業者②がEを実施したのち、作業者②と③が組作業によってFを実施(作業時間が25 DM になる)したのち、作業者③がGを担当する。
ウ 作業者①がB・C・D、作業者②がE・F、作業者③がA・Gを担当する。ただし、あらかじめいくつかの箱を組み立てておく。
エ 作業者①がC・D・E、作業者②がF、作業者③がA・B・Gを担当する。ただし、あらかじめいくつかの箱を組み立てて、品物にシールを貼っておく。

解説

ライン生産でのサイクルタイムと生産量に関する問題です。「単位時間当たりの生産量が最も多いもの」が求められていますので、各作業者の「最大作業時間が最も短いもの」を選びます。
それでは早速、各選択肢を見ていきましょう。

選択肢ア
作業者①:A+B+C+D=10+10+30+15=65
作業者②:E+F=10+50=60
作業者③:G=25
よって最大作業時間は、作業者①の65となります。

選択肢イ
作業者①:A+B+C+D=10+10+30+15=65
作業者②:E+F/2=10+25=35
作業者③:F/2+G=25+25=50
よって最大作業時間は、作業者①の65となります。

選択肢ウ
作業者①:B+C+D=10+30+15=55
作業者②:E+F=10+50=60
作業者③:A+G=10+25=35
よって最大作業時間は、作業者②の60になります。尚、あらかじめ十分な箱が組み立ててあれば、作業者③のA(10)はライン外作業として考えなくて良くなります。

選択肢エ
作業者①:C+D+E=30+15+10=55
作業者②:F=50
作業者③:A+B+G=10+10+25=45
よって最大作業時間は、作業者①の55になります。尚、あらかじめ十分な箱が組み立ててあれば、作業者③のA(10)+B(10)はライン外作業として考えなくて良くなります。

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ