【過去問解説(運営管理)】R2 第37問 その他の生産管理方式

今日は運営管理のR2第37問について解説します。

R2 運営管理 第37問

物流におけるユニットロードおよびその搬送機器に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア コンテナは、複合一貫輸送をする際には使用することができない。
イ 平パレットには、長さと幅についてさまざまな種類があり、日本産業規格(JIS)で規格化されているものはない。
ウ 平パレットを使用する場合は、使用しない場合に比べて、積み込みや取り卸しなどの荷役効率が高い。
エ ユニットロード化を推進することにより、パレットやコンテナなどの機器を利用しないで済むようになる。
オ ロールボックスパレットには、大きさが異なる荷物を積載することができない。

解説

物流に関する問題です。
それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アについて、複合一貫輸送ではコンテナは広く使われています。よってこの選択肢は×です。

選択肢イは、「平パレットには、長さと幅についてさまざまな種類があり」という記述はその通りですが、「日本産業規格(JIS)で規格化されているものはない」ということはなく、規格化されているものもあります。よってこの選択肢は×です。

選択肢ウはその通りで、平パレットを使った方が、使わない時よりも効率が良くなります。よってこの選択肢は〇です。

選択肢エは、そんなことはなく、むしろパレットやコンテナなどの機器の利用が増えます。よってこの選択肢は×です。

選択肢オも、そんなことはなく、かご付きの台車であるロールボックスパレットには、大きさが異なる荷物を積載することができます。よってこの選択肢は×です。

以上から正解は選択肢ウとなります。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート(前編)

講評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ