【過去問解説(運営管理)】R2 第38問 物流管理

今日は運営管理のR2第38問について解説します。

R2 運営管理 第38問

 物流センターの運営に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア ASN(Advanced Shipping Notice)は、荷受側が商品の入荷前に作成する入荷情報のことである。
イ スーパーで主に利用されているプロセスセンターは、商品を加工し包装する物流施設である。
ウ トラック運転者が集品先または納品先の荷主の倉庫内で付帯作業を行うことは、法律で禁止されており、契約で定めてはならない。
エ ピッキングする商品品目数がオーダー数より多い場合には、摘み取り方式ではなく種まき方式で行うのが一般的である。
オ 複数の取引先へ同時に出荷する商品が一度に入荷した場合、入荷時に検品すれば、出荷時の検品を省略することができる。

解説

物流センターの運営に関する問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、「荷受側が商品の入荷前に作成する」とありますが、ASNとは事前出荷明細通知のことであり、出荷側が商品を出荷する前に出荷情報を作成し荷受側に送付します。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イは、プロセスセンターとは、スーパーなどで利用されている生鮮食品などの商品の加工や包装などを行う物流施設のことをいいます。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢ウは、「付帯作業を行うことは、法律で禁止されており」とありますが、トラック運転者が集品先または納品先の荷主の倉庫内で荷造りや仕分けなどの付帯作業を行うことは、法律では禁止されていません。
よって、この選択肢は×です。

選択肢エは、「種まき方式で行うのが一般的」とありますが、摘み取り方式(シングルピッキング)とは配送先のお店ごとに棚から摘み取るように各商品をピックアップする方法であり、ピッキングする商品品目数がオーダー数より多い場合には摘み取り方式で行うのが一般的となります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢オは、「出荷時の検品を省略することができる」とありますが、複数の取引先へ同時に出荷する商品が一度に入荷した場合、入荷時に検品しても、各取引先へいくつ送るかなど出荷時にも検品する必要があります。
よって、この選択肢は×です。

以上から正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ