【過去問解説(運営管理)】R2 第40問 販売流通情報システム

今日は運営管理のR2第40問について解説します。

R2 運営管理 第40問

バーコードが普及し、その利便性が世界的に認識される一方で、商品コード以外にも表示文字やその種類を増やすことで、Webと連動した商品情報提供の実現などのニーズに対応するため、従来の1次元シンボルのJANコードに加えて2次元シンボルのGS1 QRコードが利用されている。
GS1 QRコードに関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a GS1のデータキャリア標準として認められている2次元シンボルは、GS1 QRコードのみである。
b 1つのシンボルで比較すればGS1 QRコードの方がJANコードより情報量は大きいが、JANコードを複数表示することが可能であれば、GS1 QRコードと同様に商品情報サイトへの誘導も可能である。
c GS1 QRコードを活用すれば、同じブランドや同じメーカーのキャンペーンであっても、消費者を商品個別のサイトに誘導することが可能である。

 

〔解答群〕

ア a:正  b:正  c:正
イ a:正  b:正  c:誤
ウ a:正  b:誤  c:誤
エ a:誤  b:正  c:正
オ a:誤  b:誤  c:正

解説

GS1 QRコードに関する問題です。

それでは早速各項目について見ていきましょう。

aは、GS1のデータキャリア標準として認められている2次元シンボルは、「GS1 QRコード」以外にも「GS1データマトリックス」があります。
よって、この選択肢は×です。

bは、「GS1 QRコードと同様に商品情報サイトへの誘導も可能」とありますが、JANコードはPOSレジ等で事業者名や商品名等を読み取るためのコードであり、商品情報サイトへの誘導を行うことはできません。
よって、この選択肢は×です。

cは、GS1 QRコードを利用することで、同じブランドや同じメーカーのキャンペーンであっても、商品個別のサイトに誘導することができます。
よって、この選択肢は〇です。

以上から正解は選択肢オとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ