【過去問解説(運営管理)】R3 第26問 照明と色彩

今日は運営管理のR3第26問について解説します。

R3 運営管理 第26問

自然光や人工照明で照らされた場所の明るさを[A ]という。JIS では、スーパーマーケットにおける店内全般の維持[A ]の推奨値は[B]ルクスである。また、光で照明された物体の色の見え方を[C ]という。

〔解答群〕
ア A:光度  B:500   C:演色
イ A:光度  B:2,000   C:演色
ウ A:光度  B:2,000   C:光色
エ A:照度  B:500   C:演色
オ A:照度  B:2,000   C:光色

解説

照明と色彩に関する問題です。

順に空欄を見ていきましょう。

空欄A
:明るさに関する単位を問われています。
光源が面を照らした時の明るさなので、「照度」が入ります。
(光度は、光源から特定の方向に出た光の強さを指します)

空欄B:スーパーマーケットにおける明るさの程度を問われています。
JIS基準によれば、各種商業施設の店内全般の維持基準は「500」ルクスです。
(2,000は、ショーウィンドウなど陳列の最重要部分の基準です)

空欄C:光に関連する色の見え方を問われています。
光に照らされた物体の糸の見え方なので、「演色」が入ります。
(光色は、光源自体の光の色の見え方を指します)

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ