【過去問解説(運営管理)】R3 第42問 商品識別コード

今日は、運営管理のR3 第42問について解説します。

 運営管理 R3 第42問

電子タグを活用して商品を個体で管理するために必要なコードが、GS1 標準の識別コードに対応して整備されている。これらのコードに関する以下の文章において、空欄A~Cに入る略語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[A]は、GS1で標準化された電子タグに書き込むための識別コードの総称であり、[B]等のGS1が定める標準識別コードが基礎となっている。そのため、既存のバーコードシステムとの整合性を確保しながら、電子タグシステムを構築することが可能である。
[A]の一例である[C]は、商品識別コードである[B]にシリアル番号(連続番号)を付加したものであり、[B]が同じ商品でもそれぞれ 1つ 1 つを個別に識別することが可能である。

〔解答群〕
ア A:EPC  B:GRAI C:SSCC
イ A:EPC  B:GTIN C:SGTIN
ウ A:EPC  B:GTIN C:SSCC
エ A:GCN B:GRAI C:SSCC
オ A:GCN B:GTIN C:SGTIN

解説

商品識別コードに関する問題です。
本問に関する単語を、まとめシートでは以下の通りまとめています。

それでは選択肢をみていきましょう。

:GTIN などのGS1 が定める標準コードが基礎となった、標準化された識別コードの総称「EPC(Electronic Product Code)」が入りま

:14 桁で表される国際標準の商品識別コードの総称「GTIN(Global Trade Item Number)」が入ります。

:商品識別コードであるGTIN にシリアル番号(連続番号)を付加したものとして「SGTIN(Serialized Global Trade Item Number)」が入ります。SGTIN を用いることでGTIN が同じ商品でもそれぞれ個別に識別できます。

以上から、正解はA:EPC  B:GTIN C:SGTIN ですので、選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ