【過去問解説(運営管理)】R3 第5問 ライン編成効率

今日は運営管理のR3第5問について解説します。

R3 運営管理 第5問

ある単一品種ラインにおいて、 1 か月 864 個の生産を計画している。
当該の計画生産能力を 25 日/月、 8 時間/日、稼働率 90 %として作業編成を行った結果、下表となった。
このときのライン編成効率の範囲として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕
ア 70.0 %未満
イ 70.0 %以上 80.0 %未満
ウ 80.0 %以上 90.0 %未満
エ 90.0 %以上

解説

ライン編成効率に関する問題です。

条件となる数字がたくさん出てきていますが、ライン編成効率の考え方を理解した上で
必要な条件をピックアップして公式に当てはめれば解くことができます。

単一品種を流す場合のラインの編成効率は以下の式で表されます。

サイクルタイムの考え方はまとめシートでも図解しております。

今回のサイクルタイムは、ラインの中で最も作業時間の長いワークステーション3 の作業時間=12.5分です。

以上の条件から、公式に当てはめてみると、

(11.3+11.2+12.5+11.5)×100 /(4×12.5)= 93%

以上から、正解は選択肢エとなります。

尚、生産計画に関する数字は計算には使用しないダミーでした。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート(前編)
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ