【過去問解説(運営管理)】R3 第6問 ジャストインタイム

今日は運営管理のR3第6問について解説します。

R3 運営管理 第6問

ジャストインタイムに関する以下の文章において、空欄A~Cに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

ジャストインタイムは、すべての工程が[A]工程の要求に合わせて、必要な物を、必要なときに、必要な量だけ生産する方式である。この方式の実現のためには、[B]工程の生産量を平準化することが重要である。また、この方式は[A]工程から引き取られた量を補充するため、[C]方式とも呼ばれている。

〔解答群〕

ア A:前  B:最終  C:引張
イ A:前  B:第一  C:押出し
ウ A:後  B:最終  C:押出し
エ A:後  B:最終  C:引張
オ A:後  B:第一  C:引張

解説

ジャストインタイムに関する問題です。

順に空欄を見ていきましょう。

空欄A
:主導となる工程の前後を問われています。
プルシステムとも称されるため、後工程の要望(引き取り)を基に生産をします。
故に「後」が入ります。
(前工程に主導権があるのは、プッシュシステム/押出し方式です。)

空欄B:方式実現のために平準化すべき工程を問われています。
後工程の要望が重視されるため、「最終」が入ります。
(第一工程の生産量を平準化することが重要なのは、プッシュシステムです。)

空欄C:ジャストインタイム方式の別称を問われています。
先述の通り、後工程が引き取りに行くため「引張」が入ります。
(押出し方式は、前工程が主導権を持つプッシュシステムの別称です。)

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ