企業経営理論の総評【令和2年度 中小企業診断士1次試験】

こんにちは。まとめシート著者の野網です。

1日1科目ずつ、今年の1次試験の総評を掲載しております。

第3回は企業経営理論についての総評です。

総評

企業経営理論の問題数は全部で41問、そのうち戦略論が13問、組織論が14問、マーケティング論が14問で、例年通りそれぞれの分野から均等に出題されています。

戦略論は、簡単な問題が多かったものの、後半少し対応が難しい問題がありました。

組織論は、例年、マニアックでとても対応しにくい問題が出題されがちですが、例年よりは対応が楽な問題の比率が高かった印象です。

マーケティング論は、初耳の言葉も多く、苦戦したかもしれませんが、戦略論と異なり日本語自体は難しくなかったのではと思います。

全体としての難易度は例年並みで、例年と同じように全く取れなくもないけど高得点となるとなかなか取りづらいものとなっているかと思います。

なお、それぞれの問題についての簡単なコメントはYoutubeの動画の方でも掲載していきますので、興味がある方はそちらもぜひご覧ください。
(本日18時より公開予定)

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで
Kindle版/PDF版 好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ