経済学・経済政策の総評【令和2年度 中小企業診断士1次試験】

おはようございます。まとめシート著者の野網です。

今回から、1日1科目ずつ、今年の1次試験の総評を掲載したいと思います。

第1回は経済学・経済政策についての総評です。

総評

経済学の問題数は全部で25問、前半の13問がマクロ、後半の12問がミクロでした。
この問題数は例年通りの問題数です。

経済学は、そろそろ爆弾科目になってもおかしくないと考えていたのですが、今年は爆弾にはならず、むしろ基本的な問題も多く出題され、解きやすかったのではと考えています。

また、絶対取らせないようなとても難しかったり、マニアックだったりする問題はほとんどなく、経済をしっかり勉強して得意としている方は、かなりの高得点を稼げる科目になったのではないかと考えています。

まとめシートで解説した部分も結構出題されたので、まとめシートを使って勉強された方も、上手くいったのではと期待しております。

難易度としては、例年と比べてやや易しいと考えており、できれば60点以上取ってほしい科目でした。

もし、今年60点取れなかったという方は、基本的な部分の理解が不十分な可能性がありますので、改めて基本に立ち返って理解を深めていくようにしましょう。

なお、それぞれの問題についての簡単なコメントはYoutubeの動画の方でも掲載していきますので、興味がある方はそちらもぜひご覧ください。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで
Kindle版/PDF版 好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ