【過去問解説(運営管理)】H30第6問 PERT

今回の過去問解説は第6問のPERTについてです。 PERTの問題は落ち着いて考えれば処理はできると思いますが、比較的時間がかかるため、まずは他のわかる問題を先に解いてから処理するなど、タイムマネジメント上は注意が必要です

【過去問解説(財務・会計)】H30第16問 証券のリスク

今回は、財務・会計から、第16問の証券のリスクついて解説します。 この問題は、もし図を覚えていれば一瞬で解けるサービス問題でした。 このような覚えていたら一瞬でできる問題を処理できれば、その分の時間を他の問題に回すことが

【過去問解説(企業経営理論)】H30第1問 多角化

今日は第1問の多角化についてです。   H30 企業経営理論 第1問 企業の多角化に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ア 外的な成長誘引は、企業を新たな事業へと参入させる外部環境の条件であるが、主要な

【過去問解説(法務)】H30第2問 会社法(組織再編)

平成30年度の法務は、非常に難易度が高く、対応が難しかったかと思います。 特に民法は難易度が高く、これまでの対策が通用しにくい問題も多かったかと思います。 これだけの難しさであれば、ほぼ確実に得点調整が入るレベルかと思い

【過去問解説(情報)】H30第9問 通信プロトコル

平成30年度の経営情報システムの問題は、前半のハードウエア~システム構成技術の部分で基本的な得点しやすい問題が多くありました。そのため、例年問われるような基本的な問題をしっかり取っていけば、合格点は狙えるのではと思いまし

【過去問解説(経済学)】H30第6問 ISバランス

平成30年度の経済学の問題は、典型的な対応しやすい問題の割合が高く、難易度としては昨年より低下した印象を受けました。 点数を取らせないためのマニアックな知識問題も少なかったので、経済学が得意な人は高得点も期待できたのでは

【過去問解説(運営管理)】H30第1問 生産用語の基礎知識

平成30年の運営管理の問題は、昨年に引き続き、現場対応が求められる問題がいくつかありましたが、一部統計学のような問題があったのを除けば、全くわからないような用語や知識を問う問題は少なかったですので、昨年よりは得点しやすく

【過去問解説(財務・会計)】H30第11問 CVP

平成30年の財務・会計は、いわゆる「爆弾科目」となり、確実に解ける典型的な問題が非常に少なく、苦戦した方も多いのではと感じました。 通常、得点源にできるファイナンス分野の問題もわりとマニアックな知識問題が多く、上手く得点

【過去問解説(企業経営理論)】H30第3問 VRIO

1次試験、お疲れ様でした。 私も、実際に今年の企業経営理論の問題を解いてみましたが、今年は、毎年のように出ていたドメインやPPMの問題の出題がなく、組織論のモチベーションや人的資源管理などでマニアックな問題が多くありまし

1次試験お疲れ様でした

1次試験、お疲れ様でした!   少し前に診断協会から正解が公表されました。 試験を受験された方は、自信があってもなくてもまずは自己採点をしましょう。     ■ 自己採点の結果、合格だった方

プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ