【過去問解説(企業経営理論)】R2 第18問 組織構造論

今日は企業経営理論R2第18問について解説します。

R2 企業経営理論 第18問

組織メンバーの帰属集団に対する一体化とリーダーシップに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 集団の凝集性が高いほど、個人が集団の意思決定に参加していると感じる程度が低くなり、集団圧力が弱くなるので、公式の権限に基礎を置くリーダーシップが有効になる。
イ 集団の中で個人の欲求が充足される程度が高くなると、特に集団の目標に一体化する必要がなくなるので、集団内の相互作用を支援するようなリーダーシップが必要になる。
ウ 組織の外部に参加することができる代替的選択肢を持っているメンバーは、帰属集団の目標への一体化の程度が高くなるので、集団外部の人々と交流を促すリーダーシップが有効になる。
エ 他の集団との競争が激しくなる中で、帰属集団の威信が高くなると、集団に対する一体化の程度が強くなるので、上位集団や他の集団に対する影響力を持ったリーダーシップが有効になる。

解説

組織メンバーの帰属集団に対する一体化とリーダーシップについての問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、「集団の凝集性が高いほど、(略)集団圧力が弱くなる」とありますが、集団の凝集性が高くなるほど集団圧力は高くなります。よってこの選択肢は×です。

選択肢イは、集団の中で個人の欲求が充足される程度が高くなると一体化の度合いは高まります。よってこの選択肢は×と判断できます。

選択肢ウは、「組織の外部に参加することができる代替的選択肢を持っているメンバーは、帰属集団の目標への一体化の程度が高くなる」とありますが、代替的選択肢を持っているメンバーは、帰属集団の目標への一体化の程度が低くなる傾向にあります。よってこの選択肢は×です。

選択肢エは、その通りで、他の集団との競争が激しくなると、一体化の度合いは高まります。

以上から、正解は選択肢エとなります。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで
Kindle版/PDF版 好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ