【過去問解説(企業経営理論)】R2 第28問 マーケティングコンセプト

今日は企業経営理論R2第28問について解説します。

R2 企業経営理論 第28問

マーケティング・コンセプトおよび顧客志向に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 企業は顧客を創造し、顧客の要望に応えることを基礎とする一方で、競合他社との競争にも気を配る必要がある。これらをバランスよく両立する企業は、セリング志向であるということができる。
イ ケーキ店Xが「どの店でケーキを買うか選ぶときに重視する属性」についてアンケートを複数回答で実施した結果、回答者の89%が「おいしさ、味」を選び、「パッケージ・デザイン」を選んだのは26%だった。顧客志向を掲げるXはこの調査結果を受け、今後パッケージの出来栄えは無視し、味に注力することにした。
ウ マーケティング・コンセプトのうちシーズ志向やプロダクト志向のマーケティングは、顧客志向のマーケティングが定着した今日では技術者の独りよがりである可能性が高く、採用するべきではない。
エ マーケティング・コンセプトはプロダクト志向、セリング志向などを経て変遷してきた。自社の利潤の最大化ばかりでなく自社が社会に与える影響についても考慮に入れる考え方は、これらの変遷の延長線上に含まれる。
オ マーケティング・コンセプトを説明した言葉の中に、“Marketing is to make selling unnecessary” というものがあるが、これはマーケティングを「不用品を売ること」と定義している。

解説

マーケティングコンセプトに関する問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アの「セリング志向」とは、とにかく売ることを志向したもので、「企業は顧客を創造し、顧客の要望に応えることを基礎とする」ものではありません。よって、この選択肢は×と考えられます。

選択肢イは、確かにアンケート結果に応じて味に力を入れるというのは良いですが、だからといってそれ以外を無視していいわけではありません。よって、この選択肢は×と考えられます。

選択肢ウは、確かに近年は「顧客志向のマーケティング」が定着していますが、だからといってシーズ志向やプロダクト志向のマーケティングが「技術者の独りよがりである可能性が高く、採用するべきではない」と断言できるというわけではありません。よって、この選択肢は×と考えられます。

選択肢エはその通りで、マーケティング・コンセプトは、近年では社会的価値にも目を向けたものに変遷してきています。

選択肢オは英語の問題ですが「Marketing is to make selling unnecessary」とは、「不用品を売ること」ではなく「セリング(販売)を不要にすること」という意味です。

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート(前編)

11月6日発売開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ