【過去問解説(情報)】H26 第13問 経営情報管理

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Youtube「きゃっしいの絶対合格チャンネル」開設しました!

ぜひご覧ください。

よろしければ、チャンネル登録&いいね!をよろしくお願いします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

今回は経営情報システムのH26年第13問について解説します。

 

H26 情報 第13問

企業経営において情報システム(IS)の有用性は益々高まりつつある。政府も高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部を設け、様々な政策の検討に入るとともに、「政府CIOポータル」 サイトを設置して、わが国が世界最高水準のIT利活用社会になることを目指している。
このポータルサイトでは、一般的にCIOは「組織におけるイノベータであり、マーケティングから組織内外の情報流通まで含む知識基盤を支える重要な役割」を担うものとしている。
このポータルサイト内でCIOに必要となる知識体系とされているものに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア IS戦略・ITガバナンスにかかわる知識とは、IT投資管理、組織・人材育成、IT技術変革潮流、ITリスク管理にかかわる知識である。
イ 業務・プロセス改革にかかわる知識とは、ISの個別プロジェクトの目的の達成に求められる計画の立案・実行にかかわる知識である。
ウ 経営戦略にかかわる知識とは、ISの適切な調達を行うために求められる調達戦略立案、外部委託先管理等にかかわる知識である。
エ 情報活用戦略にかかわる知識とは、企業に蓄積された情報や情報技術を活用したビジネスモデルの変革を担うために必要となる知識である。

 

政府CIOポータルに関する問題です。

政府CIOポータルなんて知らない人が多いと思いますが、今回の問題は、政府CIOポータルを知らなくても一般的な知識である程度対応可能です。

 

このように、ぱっと見、知らない内容に思えてもよく読んだら正解が導けるような問題はよくありますので、ぱっと見知らない事に関する問題でも、挑戦してみる価値はあります。

 

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、特に明確な間違いはなさそうです。
ただ、CIOポータルサイト内で何か独特のものが挙げられていないとは言い切れないため、CIOポータルサイトを知らない場合は、一旦保留として他の選択肢を見ていきます。

選択肢イは、業務・プロセス改革ということですので、個別のプロジェクトの計画立案・実行というよりは、企業の業務やプロセス全般に関連した知識であると考えられます。
そのため、この選択肢は×と考えられます。

選択肢ウは、経営戦略ということですので、調達戦略や外注管理だけでなく、企業経営理論で学ぶような経営全般に関連する知識のはずです。
そのため、この選択肢は×と考えられます。

選択肢エは、「企業に蓄積された情報や情報技術を活用したビジネスモデルの変革を担うために必要となる知識」とありますが、情報活用は、企業の内部だけではなく、外部の情報も活用する必要があると考えられます。
そのため、この選択肢は×と考えられます。

以上から、選択肢イ~エは×と考えられ、今回の場合、一旦保留としていた選択肢アが正解と判断することができます。
 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

 

2020年度版まとめシート(前編、後編)
Amazon&書店にて好評発売中!

前編

後編

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ