【過去問解説(情報)】R2 第19問 ユーザビリティ

今日は、経営情報システムのR2 第19問について解説します。

経営情報システム R2 第19問

Web システムの開発では、「使いやすさ(ユーザビリティ)」の重要性が指摘されている。
ユーザビリティの向上のための方策に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 応答がすぐにできない場合には、サーバ処理中などの状況を画面に表示するなど、ユーザがシステムの状態を把握できるような仕組みを実装する必要がある。
b ユーザがミスを起こしやすい箇所が見つかった場合は、丁寧なエラーメッセージを表示させれば良い。
c ユーザが Web サイトの画面にあるボタンを押し間違えた場合に、前の画面に後戻りできたり、最初から操作をやり直せるような仕組みを構築する必要がある。
d ユーザビリティ評価においては、システム開発が完了した段階において、問題点を把握することが重要である。

〔解答群〕
ア aとb
イ aとc
ウ bとd
エ cとd

解説

使いやすさ(ユーザビリティ)に関する問題です。
語句の意味は解説されているので、基本知識で対応できそうです。

それでは選択肢をみていきましょう。

選択肢ア:その通りです。このような方策を取ることでWebの使いやすさが向上されます。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢イ:誤りです。エラーメッセージを表示させるだけでなく、根本的な解決も必要になります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢ウ:その通りです。このような方策を取ることでWebの使いやすさが向上されます。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢エ:誤りです。システム開発では、完了の段階ではなく開発途中で適宜チェックをする必要があります。
よって、この選択肢は×です。

以上から、aとcが正しいので、正解は選択肢イとなります。

 

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ