【過去問解説(情報)】R2 第4問 システム構成技術

今回は経営情報システムのR2年第4問について解説します。

R2情報 第4問

3層クライアントサーバシステムは、現在の情報システム構成の中で最も主流となっているシステムの一つであるので、この特徴を把握しておく必要がある。
3層クライアントサーバシステムに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア インフラ層、プラットフォーム層、ソフトウェア層という3層で構成するシステムをいう。
イ 概念レベル、外部レベル、内部レベルという論理的に異なる3層に分けて構成するシステムをいう。
ウ ネットワーク層、サーバ層、クライアント層という3種類のハードウェア層に分けて構成するシステムをいう。
エ プレゼンテーション層、ファンクション層、データベースアクセス層という機能的に異なる3層で構成するシステムをいう。

解説

3層クライアントサーバシステムに関する問題です。
3層の名前を知っているかが問われていて、知っていれば一発で解ける問題です。
ちなみに、まとめシートでも解説しましたが、3層クライアントサーバシステムはプレゼンテーション層、ファンクション層、データベースアクセス層の3つの層から構成されます。

これを踏まえて選択肢を見ると、正解は選択肢エとなります。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート(前編)
おトクな予約キャンペーン開催中!

11月6日発売予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ