【過去問解説(法務)】H27 第13問 著作権

今回は、H27年経営法務の第13問の著作権の問題について解説します。

H27 第13問

著作権の制限に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
ア 違法なインターネット配信から、違法と知りながら音楽をダウンロードした場合でも、私的使用目的であれば著作権侵害とはならない。
イ 写真撮影において、被写体の背景にやむを得ず写り込んでしまった事物は、著作権者の利益を不当に害するものでなければ著作権侵害とはならない。
ウ 新聞に掲載して発行された時事問題に関する論説は、特に禁止する旨の注意がされていなければ、他の新聞に転載する事ができる。
エ 有名な画家が描いた絵画を所有している場合、その所有者はその絵画を公に展示することができる。

 

今回は最も不適切なものを当てる問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アの違法ダウンロードは、私的目的であったとしてもアウトです。
そのためこの選択肢は×です。

念のため残りの選択肢を確認しても、残りの選択肢は特に問題はなさそうです。

選択肢イの写り込みはこの記述の通り、著作権侵害になりません。

選択肢ウの時事問題に関する記事も報道の社会的・公共的役割から利用が認められています。

選択肢エも、所有者の所有権が著作権の展示権より強いため〇です。

以上から正解は選択肢アとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ