【過去問解説(法務)】H30第2問 会社法(組織再編)

平成30年度の法務は、非常に難易度が高く、対応が難しかったかと思います。

特に民法は難易度が高く、これまでの対策が通用しにくい問題も多かったかと思います。

これだけの難しさであれば、ほぼ確実に得点調整が入るレベルかと思いますので、もし、1問足りずに足切りとなった方は、諦めずに得点調整があることを前提に2次対策をしておくと良いかと思います。

 

今回は会社法の組織再編について解説します。

 

H30 経営法務 第2問

下表は、合併及び会社分割の各手続において、簡易手続及び略式手続きの有無を整理したものである。空欄A~Dに入る記号の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

なお、該当する手続きがあるものについては「○」、ないものについては「×」を記載することにしている。

 

[解答群]

ア A:○ B:× C:× D:○

イ A:○ B:× C:× D:×

ウ A:× B:○ C:○ D:○

エ A:× B:○ C:○ D:×

 

 

組織再編についての問題です。

まとめシートでも組織再編について、一覧表で整理していました。

 

 

これと、問題の表を照らし合わせると、Bは○、Dは×ということがわかります。

解答群を見ると、Bは○、Dは×となっているのは選択肢エのみですので、正解は選択肢エになります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ