【過去問解説(経済学)】H29 第2問 時事系問題

今回はH29年第2問の時事系問題について解説します。

H29 経済学 第2問

下図は、2000年以降の日本の経常収支の推移を示している。経常収支は、貿易・サービス収支、第1次所得収支、第2次所得収支から構成される。
図中のa〜cのうち、貿易・サービス収支と第1次所得収支に該当するものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


[解答群]
ア 貿易・サービス収支:a  第1次所得収支:b
イ 貿易・サービス収支:a  第1次所得収支:c
ウ 貿易・サービス収支:b  第1次所得収支:a
エ 貿易・サービス収支:c  第1次所得収支:a
オ 貿易・サービス収支:c  第1次所得収支:b

 

今回は経常収支に関する問題です。

経常収支とは、国の国際収支を表す基準のひとつで、貿易収支、サービス収支、第1次所得収支、第2次所得収支の4つから構成されます。
貿易収支はモノの輸入と輸出の差額、サービス収支は外国とのサービス取引の収支、第1次所得収支は外国への直接投資や証券投資の収益、第2次所得収支は外国への援助や寄付などを表します。

所得収支のそれぞれの意味がわかっていれば、この問題を解くことができます。

 

a、b、cはいずれかが貿易・サービス収支、第1次所得収支、第2次所得収支を示すということなので、わかりやすいものから考えていきます。

グラフを見るとcは常にマイナスですが、その金額はa、bと比較すると小さいです。そのためcは、寄付や援助を表す第2次所得収支が該当すると考えられます。

aとbの特徴を見てみるとaは常にプラスで推移していますが、bは2010年まではプラスなものの、2011年からマイナスに転じています。
2011年というと東日本大震災があった年で、この年からマイナスに転じたということはbは実際のモノやサービスの収支を表す貿易・サービス収支であると考えられます。

そのため、正解は貿易・サービス収支がbで、第一次所得収支がaの選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ