【過去問解説(経済学)】H29 第3問 GDP

今日は経済学のH29第3問について解説します。

H29 経済学 第3問

国内総生産(GDP)に含まれるものとして、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 株価の上昇
b 警察や消防などの公共サービスの提供
c 農家の自家消費
d 中古住宅の購入

〔解答群〕
ア aとb
イ aとc
ウ bとc
エ bとd
オ cとd

解説

国内総生産(GDP)に関する問題です。

GDPとは国内で生産された付加価値の合計であり、付加価値の金額換算が可能なものが含まれますが、付加価値の金額換算ができないものはGDPに含まれません。ただし、消防、警察、教育などの政府の公共サービス、持ち家の帰属家賃、農家の自家消費などは例外的にGDPに含まれるものとして扱われます。

それでは早速項目について見ていきましょう。

a(株価の上昇)は、生産活動による新たな付加価値の創造には該当しないため、GDPには含まれません。

b(警察や消防などの公共サービスの提供)は、上述の通り、GDPに含まれます。

c(農家の自家消費)は、上述の通り、GDPに含まれます。

d(中古住宅の購入)は、新たな付加価値の創造ではなく単なる所得の移転のため、GDPには含まれません。

よってGDPに含まれるものは、bとcとなります。

以上から正解は選択肢ウとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ