【過去問解説(財務・会計)】R3 第15問 加重平均資本コスト(WACC)

今日は財務・会計のR3第15問について解説します。

R3 財務・会計 第15問

 以下の資料に基づき計算した加重平均資本コストとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、負債は社債のみで構成され、その時価は簿価と等しいものとする。

〔解答群〕

ア 6.16 %
イ 7.68 %
ウ 8.32 %
エ 8.80 %

解説

加重平均資本コスト(WACC)に関する問題です。

一次試験だけでなく、二次試験でも知識を問われたり、算出する問題が出題される比較的出題が多い論点です。
加重平均資本コスト(WACC)は、自己資本の資本コストと負債の資本コスト(利子率)の加重平均として下記の式で求めることができます。

前提 Eは自己資本、Dは負債、tは税率 を表します。

{(E × 自己資本の資本コスト)+(D ×(1 – t)× 負債の資本コスト)}÷(E + D)= 加重平均資本コスト(WACC)

上記の式に、今回の問題を当てはめると

{(1,200 × 50,000 × 12%)+(40,000,000 ×(1-0.3)× 4%)}÷(1,200 × 50,000 + 40,000,000)
=8.32% ←加重平均資本コスト(WACC)

この数値に最も近い選択肢が解答となります。

以上から正解は選択肢ウとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ